Category: Uncategorized

【涙腺崩壊】亡くなったパパからの感動のサプライズメッセージに全員が涙【パパ、ありがとう】

      私はつい先日に同い年(21歳)の彼と結婚しました。 12月には長男が産まれます。 まず私の大好きなパパの紹介をさせて下さい。 私のパパは同い年のママと19歳の時に結婚して、その年の冬に私を産みました。 いわゆる出来ちゃった結婚ですね(笑) パパは高校へは行かずに、16歳の頃からバイクのレーサーを目指していたみたいですが、怪我でプロの夢は諦めたみたいです。        

【衝撃】牛丼屋でバイトしてる時に出会った親子⇒赤の他人との生活【感動】

      少し前、資格とりたくて数年勤めた職場を退社してフリーターしながら資格の勉強してた。 バイト先は牛丼屋で、基本は22時から朝までのシフト。 2年前のちょうど今時、深夜1時頃にある父子が客で入ってきたんだ。   父親は30代くらい。子供は女の子でたぶん2才~3才くらいかな。 深夜にもかかわらず女の子は眠い感じがなく、活発に喋ってた。 お冷を持っていったら父親「ちょっと注文考えさせて下さい」と。 当時は1人シフトで地方都市の国道沿いの店なもんで他に客は無し。 父子の会話が明瞭に聞こえてきた。   娘「これナホちゃん食べたいなー」 父「ナホはこれ食べたいんだなー(財布の中身見て)いいよ、これ頼もうか!」 娘「ぎゅどんておいしいー?」 父「うん、すごくおいしいよー!」    

【実話】妻と出会った時の話

      今から約10年前の話。 1998年、俺は高校2年と3年の間の春休みに、ある大学病院に入院した。 特に重い病気でもなくただの難治性潰瘍治療のための入院だったから食事制限や運動制限もあるわけじゃなくてかなり自由な入院生活を送れることもあって半分楽しんでたのも正直なところ。 ただ、俺の通ってた高校が学区トップの進学校だったから宿題の量が半端無かったから病院でやらなくちゃいけなかった。 夜の方が勉強はかどるんだけども9時消灯だから病室ではできない。だから俺は地下の自販機コーナーですることにした。 昼間は売店と食堂も隣接してることもあって活気(?)のあるそこでも、夜になると電気も落ちて自販機の明かりだけになる。その雰囲気も気に入った。勉強には少々暗いけどそこがいいと思った。 そこが始まりだった。    

【閲覧注意】夏休みの5人を襲った恐怖体験…古い旅館でバイトをすることになった彼らに衝撃の展開が・・・【ミステリー】

まずはじめに言っておくが、こいつは驚くほど長い。 そしてあろうことか、たいした話ではない。 死ぬほど暇なやつだけ読んでくれ。 忠告はしたので、はじめる。 これは俺が大学3年の時の話。 夏休みも間近にせまり、大学の仲間5人で海に旅行に行こうって計画を立てたんだ。 計画段階で、仲間の一人がどうせなら海でバイトしないかって言い出して、 俺も夏休みの予定なんて特になかったから二つ返事でOKを出した。 そのうち2人は、なにやらゼミの合宿があるらしいとかで、バイトはNGってことに。 結局、5人のうち3人が海でバイトすることにして、残り2人は旅行として俺達の働く 旅館に泊まりに来ればいいべって話になった。 それで、まずは肝心の働き場所を見つけるべく、3人で手分けして色々探してまわることにした。 ネットで探してたんだが、結構募集してるもんで、友達同士歓迎っていう文字も多かった。 俺達はそこから、ひとつの旅館を選択した。 もちろんナンパの名所といわれる海の近く。そこはぬかりない。 電話でバイトの申し込みをした訳だが、それはもうトントン拍子に話は進み、 途中で友達と2日間くらい合流したいという申し出も、 「その分いっぱい働いてもらうわよ」 という女将さんの一言で難なく決まった 計画も大筋決まり、テンションの上がった俺達は、そのまま何故か健康ランドへ直行し、 その後友達の住むアパートに集まって、風呂上りのツルピカンの顔で、ナンパ成功時の行動などを綿密に打ち合わせた。