Category: 近畿地方

あの城之崎温泉に行ってみた

この冬、人生初の城崎温泉に行ってきました。 城崎温泉と言うと外湯めぐりなどが有名ですね。私もそれを目的として、「いちだや」という旅館に宿泊しました。 こちらは昔ながらの木造の建物でコンビニも近くにあり外湯めぐりをするにも立地はすごく良かったです。 またいちだやに入るとすぐにラウンジらしきものがありそこにはコーヒーメーカーが置いてあり、宿泊した人は飲み放題でした。 私たちが泊まった部屋は「くるみ」でした。くるみの部屋のすぐ前には貸切風呂があり予約すると檜風呂と陶器風呂が選べ1時間ほど貸し切りで使えました。 また夜の10時頃を過ぎると予約をせずに空いていたら自由に入って大丈夫でした。 私たちは予約をして初めに陶器風呂に入りました。陶器風呂ではアジアな感じを味わえました。 陶器風呂から上がると部屋食でカニのフルコースが運び込まれていました。 女将さんもとても面白く丁寧にカニの剥き方の説明してくれていて、カニもとても美味しかったです。 外湯めぐりでは何個も何個もお風呂に入り近くにはゲームセンターや射的などもあり飽きる事なく楽しむことができ、とても楽しい旅行になりました。 女の子同士で行ってもおススメですし、カップルにも浴衣で外湯めぐりなどとてもオススメです。 いちだや

御朱印を巡ろう京都旅

御朱印巡りを友達と計画していってきました。 最初は晴明神社にて御朱印帳をゲットしました。晴明神社はずっと行きたかったところで門構えからじっくりと見てきました。 そして次は今まで行ったことのなかった銀閣寺へ行ってみました。 金閣寺とは全く違い本当にここなの?という場所で驚きましたが、色々な角度から見れてとても満足でした。 そして北野天満宮で牛を見物し、伏見稲荷にて狐様を見て散策をしながら念願のお稲荷さんを食べ歩きしたり本当に楽しかったです。 その後、八坂神社に出向き、そこでもお散歩がてら祇園を廻り、お土産を買ったりスイーツを食べたりしてきました。 以前京都旅行の際に間違えたバス乗り場も今回は予習をし、無事ホテルまで着きました。 今回の宿泊先は「HOTEL ANTEROOM」というところにしました。 こちらのホテル、“友人のアーティストの家に泊まるような居心地の良い空間”というコンセプトどおりとてもおしゃれな空間で、 京都という歴史的な場所にいながらもとてもモダンな空気が流れており、居心地もとてもよくリラックスできました。 観光地だけあって宿泊場所も数多くあるところですが、こちらホテルはぜひまた行ってみたいと思いました。 今度は別のお部屋に泊まってみたいですね。 京都は本当に観光するところがたくさんあり、何回行ってもまた行きたくなりますね。 今度は桜の季節に行ってみようかと思います。 HOTEL ANTEROOM

和歌山でパンダを見てきました

たまたま見ていたテレビで放送されていたパンダヴィレッジに心を奪われてしまい、即宿泊の予約しました。 3か月先まで土日は予約がいっぱいでようやく取れた1月の半ば、和歌山に行ってまいりました。 パンダヴィレッジはとにかく内装もパンダにこだわっていて、子供向けアメニティにはパンダグッズがあり、 家族連れでこられている方のお子さんにもとても喜ばれていました。近くに大きな公園があるので、到着後は暗くなるまで散策しました。 パンダヴィレッジに宿泊しただけでも大満足でしたが、アドベンチャーワールドのパンダもたくさん見られて良かったです。 上野動物園のように観光客だらけでまともに見られないこともなく、 間近でコロコロ転がって遊んでいるパンダや、当時生まれたばかりの結浜も見られました。 1月の野外なので寒いかもと思いましたが、和歌山は割と温暖なようでそこまで寒さを感じず、楽しむことができました。 また、アドベンチャーワールドの中でお勧めしたいのが、食事です。 地産地消を意識した和歌山の素材を使ったレストランや、パンダをモチーフにした食事がどのレストランでも楽しめるので、 家族連れの方にもぴったりだと思いました。私たちは1皿で2人分ほどあるパンダのパンとビーフシチューやグラタンなどがセットになったものをいただきました。 朝早くから並んで夕方の5時ごろまでみっちり遊べて、大満足の旅行でした。 パンダヴィレッジ