Category: 恋愛

根暗な俺がクラスメートの女にプロデュースされイケメンに変身!? 女「君っていつも一人だね」男「うん…何?」→衝撃の展開

女「クールだねっ」 男「…べ、別に…」 男(本当はただ、友情運ないだけなんだけど。) 女「やっぱ一人の方が楽だよねー」 男「そ、そうだね…」 男(女さんと初めて話した…。嬉しい…) 男(俺、今日で全部の運使ったかも…) 本気で他人を救う気もないくせに優しさなんて見せるな!

義母の入院先に見舞いに行ったらいきなりナースに抱きつかれた・・・。実はナースが元カノだった件、勿論そこに家内も現れ最悪の修羅場に

762: 名無しさん@お腹いっぱい。 2009/02/04(水) 21:07:16 家内の祖母が入院した病院の看護士が、 高校の時から八年間付き合った元彼女だった。 お見舞いに行った時に検温に来た元彼女に抱きつかれて泣かれた。 「あれからずっと待ってたの」って家内の前で言われた。 家内は状況についてこれなかったが、 「貴方の子供を生みたかった」の一言に切れて、 その場で奇声をあげ、義祖母はあまりの事にナースコールを押した。 なんだかんだで病院側で元彼女を引き取ってくれたのだが、 家内の冷たい視線は半年たった今でも続く、因みに義祖母はまだ入院中。

【衝撃恋愛】従姉に恋をした。その結末は…

  従姉に恋をした。 信じられないほど心が痛い。 彼女に会ってから今日まで、一年一年、一日一日、その痛みは 蓄積されていき、今は極限だと思う。それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。 二ヶ月前のあの日に。 5年前、母が再婚した。嫁いで間もない冬のはじめ、嫁ぎ先の お姑さんが亡くなった。その葬式の最中、彼女と初めて出会った。 彼女は母の再婚相手の姪っ子。歳は俺よりも2つ上。しかし小さ な風貌のせいか幼く見え、またバタバタした葬式の最中でもあっ たため、俺は紹介を受けていたにも関わらず彼女の年齢など頭に なく、高校生だと思い込んでいた。 だから別段、彼女に意識を払 っていたわけでもなく、ましてや当時の俺には結婚を約束してい た彼女もいたため、そのファースト・コンタクトはなんてことな く終わった。    

【衝撃恋愛】久しぶりの再会から衝撃的な結末へ【切ない】

    大学を卒業して、東京に来てもう俺も今年で26になった。 なんだかんだでバイトを転々としながらようやくとある小さな会社の正社員になった。 社員は少ない、給料も安いが社会人になれた事がモチベーションになりなんとか頑張れていた。 そんな中、仕事の出張でちょうど実家のほうに帰る案件が出てきた。 6月、空がそろそろ梅雨の表情を呈してきた時期だった。 実家に寄って、知り合いにも会いたかったから少し余裕を持って2日程早く帰った。 空港の小さなロビーを出て、取り敢えず実家に向かおうと思ってバス停に向かおうと足を進めた。 「すみません、人違いだったらすみません。XX君、じゃない?」 全く聞き覚えの無い声で振り向くと、ちょうど俺と同じくらい(170cm)の背丈の女の人が立っていた。 誰だろう…正直、覚えていなかった。 昔から知り合いは多いし、物覚えは良いほうだったんだが、この人は記憶の中に思い当たらなかった。 「はい、そう、ですけど。」 女「あ、やっぱりそう!! XX君、○○高校のXX君でしょ? あたしKだよ。K。覚えてる?」    

【感動】最後のラブレター

        お元気ですか 俺達が高校を卒業して早いものでもう12年経ちました。俺達が生まれ育ったこの街は今が桜が見ごろです。 卒業と同時に遠い遠い街へ行ってしまった君。 桜を見ていると、君と過ごした僅かな時間が蘇ってきます。あれは高校一年の時、新しい学校生活にも慣れ始めた5月の中旬ちょうど今のように桜が咲いて時期です 俺はその日、中学からの友人Hと高校に入ってから仲良くなったSと学校が終わったら遊ぶ約束をしていました。 HとSは掃除当番で遅くなるとのこと、俺は先に学校を出て近くの公園のベンチに座り時間を潰していました。 公園の中に背丈が2メートルほどの桜があり満開の花を付けていました。 なにげに桜に近づいてマジマジと桜を眺めてみる。普段なら花などまったく気にしない俺

【おもしろ】一風変わった古本屋、変わり者の店主

ギィ… 男「へぇ、こんなとこにこんな店が…」 女店主「いらっしゃい」 男「あ、ども」 女店主「…」 男(若いなー、バイトかな?) 女店主「…」ペラ… 男「あ、探してる本があるんだった」 ふむ 男「…んー…ないのかな…」

【衝撃】女子高生にスライディングしたら恋人に…【名作】

    もう6年前の話かな。 仕事が休みだったもんで、友達と飲みに行ってて2件目に行こうと 飲み屋を探し歩いてる時だった。 商店街を歩いてたんだけど、前方にJK発見wwww ミニスカおいしいれすwwww 友「いやあ、こんな時間にけしからんですなww」 俺「ええ、そうですなwwww」 友「これはお仕置きが必要ですなwwww」 多分、いい感じに酔ってたのもあるけど、立派なDQNなもんです。 俺「なにすんだよww」 友「こうすんだよwwww」 急に走り出す友wwww