Category: 恋愛

【感動】大学の講義で出逢ったひとりの女性。彼女と知り合って僕の人生がかわっていく・・・→涙腺崩壊の感動ストーリー

女「もう講義終わりましたよ?」 男「あ、ああ」 ・・・外を見ていた。 空はいつのまにか茜色をしていた。 時計を見ると5時近い。 講義はとっくに終わっていたようだ。 3階41講義室に残っているのは、オレと、オレに話しかけてきた女だけだった。 男「あ、すみません。ちょっとボーっとしてました。もう帰るんで」 女「あの・・・余計なお世話かもしれませんけど、そのまま外にはいかない方がいいと思いますよ」 男「えっ?」

【涙腺崩壊】最後まで明るい二人にはある思いが・・・→嫁「あと1ヵ月だねッ!」夫「そうだね!」

ガラガラ 夫「や!嫁ちゃん」 嫁「やっほー!夫くん!」 夫「今日は天気がいいね!」 嫁「見て見て!私の体からちゃんと酸素出てる?」 夫「出てる出てる!ちょうど酸素欲しいとこだったんだ」スススーーーハーーッ 嫁「さあさあ新鮮な空気を存分に味わうがいい!」ケラケラケラ 夫「今日も絶好調だね!」

【感動】子供の頃に体験した奇跡の物語→衝撃の結末!

窓の向こうには、灰色の雲。 早く帰ろうと、ランドセルを背負って教室を出ようとしたその時……背中から声をかけられた。 女「ねえ僕ちゃん」 僕「ひ……っ!」 女「そんなにビックリしないでよ。声が裏返っちゃって、あははっ」 僕「い、いきなり声をかけるから……」 女「ふふっ、そんなに怖がりなら誘わない方がよかったかな~?」 僕「……何のこと?」 女「今から学校の中を探検しようって、友達と話していたの」

【鍾馗の展開】転校してきた男が変な奴だった→女「自己紹介くらいしたら?」男「時間の無駄だよ」女「(何コイツ…)」→思いがけない展開に!?

ある日転入生がやってきた。 彼は教室に入るなり、自分の苗字だけを名乗って、私の隣にある空席に腰を下ろした。 女「おはよう。」 一応挨拶をする。ついでに顔も一緒にチェックした。 悪くない容姿だった。目の下には酷いクマがあったけど、それを差し引いてもかっこいいと思う。 男「・・・おはよう。」 今にも消えそうな声でそう言った後、彼はまた前を向いた。

【笑い&泣き】図書館で出会った女の子に一目惚れしてしまった俺は・・・俺「あ、あのっ・・・」→想像も出来ない展開に!【感動】

初めに言っておく、オカルトな話だし、ありきたりな話だ。 書き溜めもしてないから、ガーって書いて行く。 去年の夏だった。 何て言うか、去年も今みたく暑かった、と思う。 エアコン20度でガンガンつけてたけど、電気代が勿体ないなーと思ったんだよね。 たから、俺は最寄りの図書館へ向かう事にしたんだ。 ネトゲできなかったことは苦だったけど、やり過ぎてもダメ人間どうまっしぐらだし……と思ってな。 で、図書館に向かう途中に、その子に出会った。 黒いセーラー服に、赤いネクタイ、ほっそりとしながらも健康的で綺麗な手足。 そんな足の魅力を引き立てる黒ストッキング。

【衝撃】クラスでイジめられっ子の目の見えない女の子とやんちゃな男の子の衝撃のストーリー

    男「くっそー、流石に仮病は通用しなかったか……体育は着替えるのが面倒なんだよなぁ」 ガラッ 男「ん?」 女「?」 男「おー、女か。何やってんだ? 女子はもうみんな体育館に行ってるぞー」 女「あ、そ、そーなんだ、あはは……え、と、その声は男くんかなー?」 男「ん、当たり。体育サボろうとしたら保健室追い出されちゃった」 女「ふふ、それで慌てて着替えに来たと」 女「男子のほうは先生怖いからねー。早く行かないと怒られちゃうよ?」 男「……お前こそ早く行かないと怒られるんじゃないか? 着替えも済んでるじゃん」 女「う、うん……今から行くところだよ」 女「……え、と、あれ……」うろ うろ 男「?」 女「えーと、どこだっけなー……」うろ うろ 男「……もしかして杖探してんのか?」 女「あ、う、うん……そーなんだけど……」 女「あれー、おかしいなー、机の横に置いてたはずなんだけど……あはは」 男「杖ならそこの……」 男「……(ベランダに立て掛けてあるんだけど……)」 女「えーと、えーと……あー、もう、どこ行っちゃったんだろーね」 女「あは、あははは……」 男「……」 女「ま、まぁ杖なくても体育館くらい行けるんだけどね!」ニコ 男「……何やってんだよ。杖、お前の足元に転がってるぞ、ほれ」 女「え、あ……そ、そうなんだ……あ、ありがと」 女「……よいしょ」 女「何だかんだでこれあったほーが何かと便利でして、ご迷惑おかけしましたー」 男「……」 女「さーて、早く行かなきゃ私も怒られちゃう。男くんも急いで着替えたほうがいーんじゃないかなー」 男「言われなくてもそうするよ。女は大丈夫か? 一人で行けるのか?」 女「行けるに決まってるでしょ。何の為の杖だって話だよー」 男「……そりゃそうだな」 女「じゃー先行くねー。男くん、杖ありがとー」ニコ 男「う……」ドキ 女「よしょ、よ……」ふら カッ ふら カッ 男「……」 男「大して気に留めてなかったけど……結構可愛い顔してんだなアイツ」 男「……(ていうか……)」ちら…

【衝撃】ライブハウスに行ったらすごく個性的な女がいたんだが…なぜか惚れちまったんだ・・・→衝撃のラスト

俺は元々そういうライブハウスとか行くのに抵抗があった ああいうとこって不良の溜まり場っていうか、なんか恐いってイメージがあったんだよな それでも行ったのは幼馴染がライブするから来てくれってチケットもらったからだ 因みに幼馴染は男だ畜生 中三の夏休みのことだ 自転車で二十分の場所にあった どっちかっていうと田舎寄りな地元だからライブハウスなんて滅多にない その一件のライブハウスだけがその辺りのバンドマンの聖地だったみたいで、だから逆に集まりはよかったんだろう こじんまりとした規模だったけど人は入ってた 幾つかのバンドが集まってライブをするのを対バン形式って言うんだけど

【修羅場】予定より早く帰ると、風呂場から妻と知らない男の声が・・・妻の両親も間男の恋人も巻き込んで大修羅場開催ww

  俺とA子は付き合って2年くらいだった。 結婚もそろそろかなと意識し始めてて、婚約まで行かなくても両家の両親には挨拶を済ませてあって婚約に近い形だった。 俺は一人暮らしでA子に合鍵を渡してあったので、ちょくちょく俺が帰ってくる前にご飯を作って待っててくれたりもしてた。 ある日、仕事中に具合が悪くなって早退をさせてもらった日の事。 熱っぽくて少しフラフラしながら家路に着くと見た事のない靴とA子の靴がある。 玄関脇の風呂場からは何やら笑い声と共に男の声もする。 (あれれ、こりゃやられちゃってるかね)とか思いながら物音を立てないように こっそりと部屋に入って辺りを見回すと脱ぎっぱなしの洋服がその辺りに散らかっていた。 ご丁寧に下着まで散乱してる有様で、何も言われなくても状況を把握する事が出来た。 状況を把握してくると、段々と腹が立ってきて、何かないかなぁと周囲を見ると昔買った安物のソファーが目に入った。 風呂場は玄関脇にあるので、比較的狭い通路になっている。 扉は通路側に開くので、風呂場の扉の前にソファーを設置。 これだけだと心配だなとか考えて、ソファーの上にホームセンターなんかで売ってるシルバーラックをそっと乗せておいた。 何も知らない風呂場ではキャッキャウフフと何やら騒々しい。 締め出した事で少し余裕が出てきたのか、携帯を置いてるんじゃないかと思って探してみると二人分の携帯を発見。 どちらもロックがかかってないので簡単にメールやら電話帳やらを確認できた。 男の方の携帯にはメールにはA子の他にも本命の彼女と思しき人とのやり取りがあったので、メールを送ってみた。 内容は