Category: 実話

【おもしろ】死に際に自分の人生を振り返った老人→老人「思えば、逃げてばかりの人生だった…」

「おじいちゃん!」 「父さん!」 「あなた、しっかりして!」 老人(う、ううう……) 老人(どうやらワシは……もうダメなようじゃ……) 老人(それにしても振り返ってみると……) 老人(ワシの人生は……逃げ続けてきた人生じゃったのう……) ……………… ………… ……

【ヤバすぎ】ヤバイ仕事を見つけたww面白半分で応募してみる事に→衝撃の結果に

求人広告「奇声をあげて威嚇するだけの簡単なお仕事です」 社名:ショッカー 職種:世界征服 待遇:一般職・月収14万~(幹部登用制度あり) 総合職・月収70万~ 必要資格:無し(ただし経験者優遇) 募集人数:若干名 ※世界征服を目指す悪の組織です! 明るく元気な職場が、アナタのやる気を待ってます! 採用:簡単な筆記試験と集団面接 先輩社員からのメッセージ 5年目・企画部 Aさん

【ほっこり】酔っぱらって気づいたら見知らぬ地に、、そこで出会った女性に街を案内してもらうのだが・・・→衝撃の結末【おもしろ】

女A「……って、どこだろここ」 女A「うー、飲みすぎかな。全然道が分からない」 女A「電車で四駅のとこだから一時間ちょいで着くはずなんだけど……」 女A「これは本格的に迷子かもしれない」 女A「あ、人がいる。これはもう道訊いた方が早いな」 女A「すみませーん」 女B「はい?」

【笑い&泣き】図書館で出会った女の子に一目惚れしてしまった俺は・・・俺「あ、あのっ・・・」→想像も出来ない展開に!【感動】

初めに言っておく、オカルトな話だし、ありきたりな話だ。 書き溜めもしてないから、ガーって書いて行く。 去年の夏だった。 何て言うか、去年も今みたく暑かった、と思う。 エアコン20度でガンガンつけてたけど、電気代が勿体ないなーと思ったんだよね。 たから、俺は最寄りの図書館へ向かう事にしたんだ。 ネトゲできなかったことは苦だったけど、やり過ぎてもダメ人間どうまっしぐらだし……と思ってな。 で、図書館に向かう途中に、その子に出会った。 黒いセーラー服に、赤いネクタイ、ほっそりとしながらも健康的で綺麗な手足。 そんな足の魅力を引き立てる黒ストッキング。

【驚愕】俺の友達が出会った女がちょっと変なんだ・・・→ヤバすぎる彼女の○○とは!?

俺からするとすごい怖いからここに書くわ。 だれか相談に乗ってくれるやついる? オカルトかどうかもわからん。 ただの思い過ごしならそれで良いんだけど。 ちょっと書いてきます。 去年の12月に友人のすんでる地域で街コンをやったらしい なんかペアで参加するらしくて、俺の友人は地元の仲間を連れて2人でいったんだけど。 そこで美樹と恵美子って人と仲良くなった。

俺「急になんで、、、?」 身に覚えのない保育園から電話がかかってきて、、、

  学がないので文才はないのであしからず。 色々あったので、整理するつもりで書いていく。 俺はどうしようもないクズだった。 中学卒業して進学もせず働きもせず、 地元のやつらとつるんでは悪いことばっかりしてた。 16の夏ゴートウと生涯で少刑に入った。 出所後、生き方を変えようと決意したけど、 人間関係がうまくいかず職場を転々として挫折 結局それからも悪いことばっかしてたんだよ。 何してたかとかは端折る。御想像におまかせするわ。 22歳になって、 街で難破した女が妊娠して所帯持ちになってしまった。 相手は24歳の脚場嬢。 嫁と子供ができても、俺は全然変われなかった。 いや変わらなかった。 クラブに行っては女を難破して、 どっかの宿で目が覚める。 そのままツレん家行って時間潰し。 夜になったらまたクラブって感じだった。 嫁と子供が住んでるアパートには、 週に一回帰るかどうかって感じだ。 どうでもよかった。何もかも。 俺の人生ド底辺だしもうやりたい放題だった。 籍入れて最初は、 しょっちゅう嫁からメールや電話があったけど、 当然シカト。 呆れ果ててたんだろう。嫁からの連絡はなくなった。 たまに家に帰れば喧嘩。 「ちゃんと仕事してよ。 生活費だけでもいいから入れて。」 「うるせー。 脚場蔵で働いてた時の貯金があんだろーが。 指図すんな。」 正直めんどくさかった。 一応結婚してすぐはちゃんと働いてたんだ。 契約だけどさ。 工場部品の営業なんだけど、 全然契約がとれなくっていつも上司にどやされてた。  

【衝撃】「ガンですね、、、」18歳で子供を授かり結婚25年目、育児に疲れ果てた私に更なる追い打ちが、、、

  みんなに叩かれると思うけど、18の時授かり婚した。 年子状態で次々に四人産まれ 25年間毎日センソウみたいだった 家庭訪問や授業参観も毎回時間との戦いで、 子供らが大きくなってからもやれ部活やら役員やら 働きながらこなすのは大変だった うちの地域は中学から弁当だったから、 旦那分と合わせて毎日五つの弁当作り地獄 気づいたら一番下が高校卒業の年を迎え、 上三人が社会人に 独身寮に入った長男をのぞく 四人分の弁当を今でも作ってる でね、おととしから体調が悪いんだ。 体力もかなり落ちた。 今年なんか1ヶ月に四度も40℃あたりの高熱出た 治ったと思ったらまた寝込む 健診で要再検査出て、病院行ったらまた再検査。 結果はまだ聞きに行ってないけど 気づいたんだよ、 私が月に四度も高熱出して寝込んでも、 旦那も子供たちも何もしてくれなかったって ごはんは~とかは言われなかったけどね、 放置だよ放置w なんで私気づいたんだろう 私なんて家族の誰にも大事に思われてない。 今日も一昨日からハードな腹痛でやばい旦那にも訴えた でも旦那は昨日も今日も歓迎会だよ。 昨日帰って来た時にお腹痛いって訴えたら、  

【衝撃】ある理由で、先生が不登校になった…→その驚愕の理由とは!?さらにとんでもない結末が….

ついに呼び鈴を鳴らしてしまった。 僕に与えられた後悔の時間は数秒ほどだったけど、先生がドアを開けて顔を覗かせるまでに、たっぷりと数分は過ぎたような気がした。 「…………どうして」 目を瞠った先生の唇がぱくぱくと動く。 久しぶりに見た先生の顔は記憶の中のそれよりもほっそりとしていた。少し痩せたかもしれない。 「あの、僕、心配で……その、ええと」 長い時間をかけて考えてきた言い訳なんか、一瞬で吹っ飛んでいた。 玄関先で顔を突き合わせたまま馬鹿みたいに目をそらし合う。