Category: 関東地方

富岡製糸場で歴史散歩

学校の歴史の授業で必ず教わる有名な工場、富岡製糸場の見学に行ってきました。 富岡製糸場は2014年に世界遺産に登録されましたが、私が訪れたのは平日だったためか割とのんびりと見学することができました。 入り口で1000円支払って入場すると、内部は一応順路があるものの、自由に散策しながら見学することができます。 (ちなみに、学生の見学料はぐっと安くなって150円~250円でした)。 見学していると、富岡製糸場だけでなく明治日本の産業近代化の過程が伝わってくるようです。 工場内には当時働いていた工女さんたちの宿舎も残されており、彼女たちのことを想像しながら散策すると色々と感慨深いものがありました。 特に繰糸場には実際に使われていた糸を紡ぐための機械が残されており、在りし日の工場の姿が偲ばれて印象深かったです。 ある程度歴史の知識があるとより楽しめると思いますよ。私はなんとなく小学校の社会科見学を思い出しました。 音声ガイドの貸し出し(200円)やスマホアプリでの説明(スマホを持っていれば無料です)、 ガイドさんによる40分程度のガイドツアー(200円)が開催されているので、これらの案内を活用するともっと楽しめるかもしれません。 それから工場の付近では、製糸工場らしくシルクを使った色々なお土産が販売されています。 食事処も充実しているので、工場の周りも散策すると色々楽しいと思いますよ。

久しぶりに箱根に行ってみた

学生の頃以来の箱根旅行に行ってきました。 箱根湯本は駅を降りた時から温泉街の雰囲気がとても良く、自然に囲まれておりすごく空気が美味しく感じました。 駅から旅館までは10分ほど歩くことになりましたが、途中の道のりも普段住んでいる場所にはない風景を見ることや風情を感じることができたため、 歩くことも旅の一つの楽しみとして感じることができました。 宿泊先に選んだのは「月の宿 紗ら」というところでした。 温泉旅館では出迎えから丁寧に対応していただき、お部屋の中にも露天風呂があることや、個室の温泉なども対応しており、旅行を存分に楽しむことができました。 初めて温泉に入ったのですが、旅の疲れが吹き飛ぶくらい気持ちよく、 旅館に泊まっている間はすごく元気に観光することができ、色々な観光スポットを巡ることができました。 箱根といえば箱根山ですが、私たちが行った時はガスが出ており、一部入山規制があったこと、 ロープウェイが点検のため一部利用できなかったことは残念でした。 しかし天気に恵まれて箱根山から富士山を見ることができ、初めての富士山にとても感動したことを覚えています。 両親や祖父母など、身近な人にも是非一度旅行に勧めたいと思えるような旅ができました。 月の宿 紗ら

秩父でのんびりSLの旅

首都圏から気軽に訪れることができる観光スポットとして有名な秩父ですが、実は秩父に行くまでにも色々と楽しみ方があったりします。 なんと秩父に行くまでに、レトロな蒸気機関車の旅を楽しむこともできるのです。 秩父鉄道では、週末を中心に熊谷駅から三峰口駅までSL「パレオエクスプレス」が運行されています。 (ちなみに、2018年は3月31日から12月9日まで運行されるようです)。 お値段は意外とお手頃で、乗車区間の運賃に加えて指定席(720円)か自由席(510円)のチケットを購入するだけです。 秩父駅から三峰口駅までの区間限定なら、協賛機関で提示すると割引特典が受けられるSLわくわくチケット(790円)も販売されています。 発車の際に機関車は大きな汽笛を鳴らしますが、その音を聴くだけで思わずテンションが上がってしまいます。 機関車の蒸気音を聞きつつ車窓から景色を眺めれば、何気ない光景も特別なものに見えてくるかもです。 ちなみに終点の三峰口駅まで行くと、折り返し運転のために昔懐かしい転車台で機関車が方向転換したり、 給水する様子を間近で見ることもできちゃいますよ。鉄道好きな方はもちろん、レトロな旅を楽しみたい方にもオススメです。