ベルリンのたばこ事情

 ガイドでお客様と町を歩いていると、「ベルリンって、意外とたばこ吸う人多いですね~」と言われるのですが、実際にその通りのようで。ある保険会社の州別の統計によるとベルリーナーの3割が喫煙者で、これはドイツトップの喫煙者率なんだそう。

 一応2007年頃から非喫煙者保護のため、公共の場やレストランでの喫煙が禁止になったのですが、それ以外の場所ではほぼ吸い放題、というのがベルリンの現状。マナーの悪い喫煙者も多く、歩きたばこもポイ捨ても残念ながら当たり前で、非喫煙者にとっては気になるところです。

 というわけで。たばこを吸う方は、ベルリンに来たら日本よりものびのびと喫煙できると感じるかもしれません。屋外ならば基本的に喫煙可能ですが、駅のホームは禁煙ですので気を付けて。また、街のあちこちに設置してあるオレンジ色のゴミ箱には、吸殻入れがついていることが多いので利用してくださいね。

 箱入りたばこの値段は、6€前後。スーパーやキオスクで普通に買えます。

↑手に取れるところに置いてある場合と、レジのスタッフにタバコが欲しいと伝える必要がある場合があります。

 ちなみに以前はわりと普通のパッケージでしたが、2016年から「喫煙は体に悪いです!」ということが明確にわかる写真を載せることになったため、タバコ売り場にはかなり気持ちの悪い写真が並びます。あまり直視したくないのですが、スーパーのレジに並ぶと必ず目に入るところにあるので気分が下がります…(^^;)。

読んでくださってありがとうございます☆情報がお役に立ちましたら
 下の写真をクリックして応援してもらえると嬉しいです!

 にほんブログ村 海外生活ブログ ベルリン情報へ

☆ベルリンホームステイについてはこちら☆ 女性の一人旅にオススメ!
◇ベルリン個人ガイドについてはこちら◇ 空港⇒ホテルの同行ガイドがオススメ!