ローマの聖堂、観光スポット等のプレゼピオをまとめました!その1

ローマの聖堂、観光スポット等のプレゼピオをまとめました!その1

大変遅くなりましたが、プレゼピオのみの”プレゼピオ集”が完成致しました!
前回の記事では、12月~1月にかけてのローマの町のクリスマスツリーやイルミネーションの様子を2回に渡ってご紹介しました。プレゼピオを言うのはキリスト降誕の場面を人形で再現した模型で、しばしば、クリスマスの期間はツリーと一緒にプレゼピオも飾られます。

昨今では日本でも多種多様なプレゼピオが販売されている為、クリスマスになると室内に飾る人も多い様で、本場のプレゼピオを見てみたい!と言う声も時々寄せられます。ローマではプレゼピオは主に、教会、広場、ホテル、観光スポットなどに飾られています。設置される時期は施設によってまちまちですが、大方12月に入るとぼちぼち展示され始めます。ローマの場合、毎年1月いっぱい(1月31日頃まで)は飾っている施設が多いです。

写真の枚数が多くなりましたので、その1~その3(最終回)に分けてお送りしたいと思います。また、プレゼピオは見て楽しめるので、画像の方を多く、解説は少な目にします。飾られている施設本体のご説明は過去に掘り下げている記事がある場合、リンクを張りますのでそちらもご参照下さい。
また、プレゼピオをご紹介する順番は、飾られている施設名のアルファベット順です。現地でのイタリア語名も表記しますので、ご訪問される際のご参考にどうぞ。

↑ それでは一カ所目は、アルファベット順でAから始まるサンタントニオ・ダ・パドヴァ教会(Basilica di Sant’Antonio da Padova)です。教会の後ろのスペース全部が使われている大胆なプレゼピオです!

Santantonio 1.jpg

↑ 赤ちゃんキリストはマリア様の膝の上にいます。

Santantonio 2.jpg

↑ この教会は”日本人を描いた絵”を祭壇画として祀っている教会です。現地でもあまり知られていません。

参考記事:2013年11月6日号【教会No.3】ローマの日本人の殉教者に捧げた礼拝堂のある教会。こちら

2014年9月22日号 教会や大聖堂の見学(美術・芸術作品などの鑑賞のため)をする前に知っておいた方が良いこと! こちら

San Gregorio al Celio 1.jpg

↑ 続いて、チェリオの丘の呼び鈴を押さないと入れないサン・グレゴリオ教会(Chiesa di San Gregorio al Celio)です。普通聖堂は道に面した入口からすっと内部に入れる所が多いですが、こちらはまず教会の中庭に入り、庭に面した入口の一つのチャイムを押すと人が出て来てドアを開けてくれる形です。建物内部に入り廊下を歩いて突き当りまで行くと左側に教会へアクセスする入口があります。グレゴリウス1世は四大ラテン教父の一人で、グレゴリオ聖歌などでその名を知られています。

San Gregorio al Celio 2.jpg

↑ 赤ちゃんキリストがお母さん(マリア様)とお父さん(聖ジュセッペ)の間に見えます。

San Gregorio al Celio 3.jpg

↑ こちらの教会のプレゼピオは、水が噴射し水車が回る大変手の込んだものです。水は蒸発してしまうので定期的に注入しなければいけない為、訪れた時は教会の人達がちょうどバケツで水をプレセピオの下の装置内に補給している所でした。

S.G in Laterano 1.JPG

↑ 帽子を被っているし、登場人物の服装が??と思っていて見ていたら「今年はメキシコ風なのよ」と教会の人に教えてもらったサン・ジョヴァンニ・イン・ラテラーノ大聖堂(Basilica di San Giovanni in Laterano)のプレゼピオです。左右にたくさんある礼拝堂の左身廊の一つに飾られていました。大きさは等身大です!

S.G in Laterano 2.JPG

S.G in Laterano 3.JPG

参考記事:2013年11月29日号 教会の観光はかわいい中庭もお奨めです! こちら
2013年8月27日号 【教会No.2】聖なるかな。膝で上がったら(ヨロッと)でも感動!聖なる階段 スカラ・サンタ こちら

Sant'Ignazio 1.jpg

↑ こちらはパンテオンの近くにあるサンティニャツィオ教会(Chiesa di Sant’Ignazio di Loyola in Campo Marzio)です。教会はアンドレア・ポッツォによる曲面天井(ヴォールト)の美しいフレスコ画やだまし絵クーポラでも有名です。内部が薄暗かった為、写真は少しボケました。他の教会のプレゼピオと比べるとこちらはまた全く違うタイプです!

Sant'Ignazio 2.jpg

↑ 非常に小さいプラスチックのミニチュアで出来ているプレゼピオです。

San Luigi 1.jpg

↑ 少し歩くと、カラヴァッジョの3枚の傑作があることで知られているサン・ルイジ・デイ・フランチェージ教会(Chiesa di San Luigi dei Francesi)でがあります。

San Luigi 2.jpg

↑ こちらの教会のプレゼピオも、縦に流れるタイプと言うのでしょうか、また全く違ったタイプの演出がされています。

S.M al Corso 1.jpg

↑ 本日の最後の教会は、目抜き通りコルソ通りにあるサン・マルチェッロ・アル・コルソ教会(Chiesa di San Marcello al Corso)です。ヴェネツィア広場からも近くということもあり、多くの人が行き交う場所に建つ教会です。毎年プレセピオの時期にはこの様に「プレゼピオあります~!」と言う看板を出す教会も多いです。

S.M al Corso 2.jpg

↑ 左側の人が取り囲んでいる所がプレゼピオです。小さな舞台装置の様です。

S.M al Corso 3.jpg

↑ 中を覗いてみると、とてもかわいいプレゼピオがありました!写真の左側に赤ちゃんキリストを囲むマリア様と聖ジュセッペが見えます。

それでは、次回その2に続きます。

ローマから日常生活やイタリア旅行のヒントなどを気ままにツイートしています (*˘︶˘*).。.:*♡(毎日更新)
@RomaMizuho