小さな村に残された日本統治時代の貴重な遺跡「玉里神社」

小さな村に残された日本統治時代の貴重な遺跡「玉里神社」

台北から在来線の台湾鉄道特急で約4時間ほどの場所にある
花蓮縣の玉里という街。
花蓮縣の中でも南部に位置し、台東縣との県境にあたります。

その玉里エリアにある「玉里神社」は
日本統治時代に作られた神社です。

玉里駅から徒歩10分くらいの場所にある
住宅街の中にひっそりと鳥居が立ち、
注意してみなければ見落としてしまうほどです。

DSC_1374 - コピー.JPG

鳥居の一部はなんと民家の中に
取り込まれてしまっており、
ここが神社であることは長らく、
この辺りの住民ですら知らなかったそうです。

DSC_1379 - コピー (2).JPG

1928年に建てられた「玉里神社遺址」は、
すっかりその存在を忘れ去られ、
長らく森の中で誰にも気づかれること無く、
放置されてきました。

ある時、祖父の結婚式の写真を見た孫が、
祖父は一体どこでこの結婚写真を撮ったのだろう?
と疑問に思ったことから、
その場所を探していくうちに、
ここに神社があったことが分かったそうです。

DSC_1410 - コピー.JPG

その後、住民たちと一緒に整備を施して、
神社跡地が現在のように見られるようになりました。

戦後、社殿が取り壊され、
現在は鳥居と階段沿いに並ぶ灯篭のみが残されています。

DSC_1411 - コピー.JPG

DSC_1392 - コピー.JPG

綺麗に整備された玉里神社跡は
歴史を伝える重要な場所として、
2008年に花蓮県の古跡に指定されました。

また階段を上った高台の
神社跡地から眺める玉里の景色は絶景です。

DSC_1425 - コピー.JPG

なんだか異世界に迷い込んだような、
不思議な気分になる玉里神社。

DSC_1400 - コピー.JPG

花蓮縣玉里エリアを訪れたら
ぜひ行って見たい場所ですね。

玉里神社遺址
花蓮縣玉里鎮西邊街21號傍の民家脇の小道から入る