連続テレビ小説「マッサン」のふるさと竹原市に行ってみて

連続テレビ小説「マッサン」の舞台となった竹原市に行ってきました。
マッサンとエリーも歩いた江戸時代に栄えた町並み保存地区は、寺院や商家などが並び、
江戸時代にタイムトリップしたかのようで、のんびりと散策できました。

モデルにもなった竹鶴政孝の生家の竹鶴酒造は、外観や店内も風情があり試飲もできて、おいしい銘酒を買うことができます。
2階に上がると、酒造り用の道具がありました。「道の駅たけはら」には、竹原の民芸品や工芸品などやお土産の食品などが売られていて、
家族や友人に竹細工のキーホルダーやお菓子などを買って帰りました。

店内では竹原の観光モデルコースなどがテレビで流れていて、参考にもなりました。休日だったせいか人も多く、賑わっておりました。
海の駅は少し離れたところにあり、クリスマス前だったので、きれいなクリスマスツリーが飾られていて、その前で記念撮影もできました。
海の駅でも、観光マップなどがおいてあったり、佃煮などのお土産が置いてあり、
観光マップを持って帰ったり、お土産を買っている人、休憩している人もいました。また行ってみたい場所のひとつです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *