軍艦島と原爆資料館を見に長崎へ

今回、長崎に行ったのは2つの目的がありました。
まずは、軍艦島。今はウェブでチケットの予約が取れるようになっています。
宿泊先はアクセスも良く、便利そうというところで「ワシントンホテル」を選びました。

軍艦島見学は、市内近くにある船乗り場から観光ガイド付きでのツアーのみとなります。
壊れつつある軍艦島、今にも倒れそうな建物はこの島の衰退をまさに体現していると言っても過言ではありません。

ツアーガイドさんがグループにつきっきりで解説してくださいます。建物に合わせて、当時の人々、生活などを詳しく案内してくれます。
軍艦島は廃墟として有名ですが、このツアーガイドさんの解説があることで、歴史的建造物の価値を生み出し、
今もなお観光客が絶え間なくやってくるのだと思います。

2つ目の目的は、長崎原爆資料館。日本は唯一の被爆国ですが、その日本に生まれたからにはぜひ一度は行って欲しいです。
こんな悲しい現実があったんだ…と本当に信じられないことがたくさんでした。
一瞬にして多くの命が奪われ、周囲何キロにもわたり焼け野原。ここから現在の姿になるまでには計り知れない苦労があったのだと思います。
その思いを持って長崎を観光すると、ただ楽しいだけではなく、なにか大切なことも学べるような気がしました。

長崎ワシントンホテル

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *