【衝撃恋愛】久しぶりの再会から衝撃的な結末へ【切ない】

関連画像

 

 

大学を卒業して、東京に来てもう俺も今年で26になった。
なんだかんだでバイトを転々としながらようやくとある小さな会社の正社員になった。
社員は少ない、給料も安いが社会人になれた事がモチベーションになりなんとか頑張れていた。

そんな中、仕事の出張でちょうど実家のほうに帰る案件が出てきた。
6月、空がそろそろ梅雨の表情を呈してきた時期だった。
実家に寄って、知り合いにも会いたかったから少し余裕を持って2日程早く帰った。
空港の小さなロビーを出て、取り敢えず実家に向かおうと思ってバス停に向かおうと足を進めた。

「すみません、人違いだったらすみません。XX君、じゃない?」

全く聞き覚えの無い声で振り向くと、ちょうど俺と同じくらい(170cm)の背丈の女の人が立っていた。
誰だろう…正直、覚えていなかった。
昔から知り合いは多いし、物覚えは良いほうだったんだが、この人は記憶の中に思い当たらなかった。

「はい、そう、ですけど。」

女「あ、やっぱりそう!! XX君、○○高校のXX君でしょ?
あたしKだよ。K。覚えてる?」

 

 

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *