【泣ける実話】『僕より先に死なないで』私は幸せでした【涙腺崩壊】

      24歳のとき、私は、人生のどん底にいました   6年付き合って婚約までした彼には、 私の高校時代の友人と駆け落ちされ、 父親が死に後を追うように、母も自殺   葬式やらなんやらで会社を休んでいる間に、 私の仕事は後輩に回り、残された仕事はお茶汲みと資料整理   そしてついに彼に逃げられたことが会社に広まり、 私は笑い者でした        

【不思議】奇妙な塾講師のお話 塾講師「復習を忘れるなよ、復習が大事なんだ」

第一話「復習」 <個人塾> 塾講師「いいか、復習を忘れるなよ! 復習が大事なんだからな!」 塾講師「俺は一回きりの説明で、お前らに全て覚えさせられるほど」 塾講師「教え方は上手くねえし」 塾講師「お前らも一度聞いただけで忘れないでいられるような」 塾講師「出来のいい頭はしてねえだろうからな!」

死に際の走馬灯、老人「逃げ続けてきた人生だった」

「おじいちゃん!」 「父さん!」 「あなた、しっかりして!」 老人(う、ううう……) 老人(どうやらワシは……もうダメなようじゃ……) 老人(それにしても振り返ってみると……) 老人(ワシの人生は……逃げ続けてきた人生じゃったのう……) ………………

根暗な俺がクラスメートの女にプロデュースされイケメンに変身!? 女「君っていつも一人だね」男「うん…何?」→衝撃の展開

女「クールだねっ」 男「…べ、別に…」 男(本当はただ、友情運ないだけなんだけど。) 女「やっぱ一人の方が楽だよねー」 男「そ、そうだね…」 男(女さんと初めて話した…。嬉しい…) 男(俺、今日で全部の運使ったかも…) 本気で他人を救う気もないくせに優しさなんて見せるな!

【修羅場】DQNが店の店員にクレームをつけていたのでオタクの俺が成敗してやった

休日の昼下がり、俺はとあるカラオケ店にやってきた。 目的は一人カラオケ、いわゆる“ヒトカラ”というやつだ。 といっても、俺はカラオケが上手くなりたいとか、十八番を増やしたいとか、 そんなつもりは全くない。 一人で一時間あるいは二時間ぐらい歌うととてもスッキリするのである。 俺はペースにして、三ヶ月に一回ぐらい、このヒトカラを行っている。 特に大きな仕事が控えている時などは、ヒトカラは欠かせない。