【復讐】嫁が不倫、プロに依頼し証拠を集めて問い詰めても否定。我慢の限界に達した俺は、嫁の家族に嫁と間男を突き出し、不貞行為の一部始終を全てブチまけた→エグすぎる結果にwwwwww【修羅場】

俺は既にに全部終わらせたけど、 素人考えでの行動や考え方ではダメだと思って 全部、プロの意見を聞いて判断・行動して証拠押えたら 1か月で全ての証拠が揃ったよ。 実際に行動に出るまでは俺の都合で半年先になったけど、 そのおかげで、その間に他の事実も見つかったし、 最初に証拠を押さえてたから、心に余裕も持てた。 その分、日々の生活は地獄でもあったけどね。 行動起こしてからは早かったよ 間男は5分で落ちた。途中証拠の存在隠して遊んだけどね。

【衝撃恋愛】従姉に恋をした。その結末は…

  従姉に恋をした。 信じられないほど心が痛い。 彼女に会ってから今日まで、一年一年、一日一日、その痛みは 蓄積されていき、今は極限だと思う。それはもう彼女との未来 など有り得ないのだと実感してしまったからだ。 二ヶ月前のあの日に。 5年前、母が再婚した。嫁いで間もない冬のはじめ、嫁ぎ先の お姑さんが亡くなった。その葬式の最中、彼女と初めて出会った。 彼女は母の再婚相手の姪っ子。歳は俺よりも2つ上。しかし小さ な風貌のせいか幼く見え、またバタバタした葬式の最中でもあっ たため、俺は紹介を受けていたにも関わらず彼女の年齢など頭に なく、高校生だと思い込んでいた。 だから別段、彼女に意識を払 っていたわけでもなく、ましてや当時の俺には結婚を約束してい た彼女もいたため、そのファースト・コンタクトはなんてことな く終わった。    

【純愛】バス停で出会う少女「いつもここで会いますね。」→ひょんな出会いから衝撃の展開

―――朝 バス停 男「……」 少女「……」 少女「お、おはようございます」 男「え?ああ、おはよう」 少女(九月になってからこの人とは毎日会うなぁ) 少女(こんな田舎のバス停を利用するの私だけだと思ってたけど)

【夫婦キチ】勝手にsuicaのチャージを使うキチガイママ友。あまりに酷いので警察に被害届を出したら、夫が出てきて逆に私を訴えると言い出した・・・。頭きたからコイツら分からせるわwwww

05: 名無しの心子知らず 2008/01/14(月) 10:26:57 ID:2zuVmrz6 次のネタがくるまでのつなぎに 電話貸してクレクレで長電話されることは良く聞くけど 私はスイカをやられた。 ママ友に「子どもに電話するから電話貸して?」といわれたので 携帯を貸してやった(そのママ友は携帯持ってない) で、つながりが悪いから少し離れたところで電話すると消えていった。 10分後、戻ってくると彼女は買い物をしていた。(駅の地下) 子どもに頼まれて買ってきたんだろうな?くらいにしか思わなかった。 ところが、改札を出るときにスイカの残高が無い 1万円もチャージしてたのに。

夫「いまのマンションをコトメに貸すことにしたから」私「は?私のマンションだけどなんで勝手に?」コトメ「え、早くしてくんない?」→私の怒りが限界に達した・・・・

560: ◆QWT5CD5o3cCL 2013/06/21(金) 20:58:59.17 こちらのスレか、離婚問題に直面している方のスレか迷ったのですが、 気持ち的に中間ぐらいの状態です。 かなり長くなりますがよろしくお願いします。 今、ちょっと感情的になっているので、不快な文章になっていたらすみません。 ・家庭の状況、自分や配偶者等登場人物の詳細 夫婦二人暮らし。子供なし。 私37歳。パート主婦ですが不労所得(家賃収入、配当等)が年300万ほどあり。 夫43歳。サラリーマン、年収600万。 義妹41歳。昨年離婚して子供4人と共にアパート暮らし。

【衝撃恋愛】久しぶりの再会から衝撃的な結末へ【切ない】

    大学を卒業して、東京に来てもう俺も今年で26になった。 なんだかんだでバイトを転々としながらようやくとある小さな会社の正社員になった。 社員は少ない、給料も安いが社会人になれた事がモチベーションになりなんとか頑張れていた。 そんな中、仕事の出張でちょうど実家のほうに帰る案件が出てきた。 6月、空がそろそろ梅雨の表情を呈してきた時期だった。 実家に寄って、知り合いにも会いたかったから少し余裕を持って2日程早く帰った。 空港の小さなロビーを出て、取り敢えず実家に向かおうと思ってバス停に向かおうと足を進めた。 「すみません、人違いだったらすみません。XX君、じゃない?」 全く聞き覚えの無い声で振り向くと、ちょうど俺と同じくらい(170cm)の背丈の女の人が立っていた。 誰だろう…正直、覚えていなかった。 昔から知り合いは多いし、物覚えは良いほうだったんだが、この人は記憶の中に思い当たらなかった。 「はい、そう、ですけど。」 女「あ、やっぱりそう!! XX君、○○高校のXX君でしょ? あたしKだよ。K。覚えてる?」